「値下げしたくない!」と思った人の末路・・・

メルカリ

「値下げしたくない!」と思った人の末路・・・

 

 

今回は値引き交渉は嫌!損したくないという方の為の記事です。

よくあるのが

・値引き交渉は嫌

・損するから嫌

・めんどくさい

などがあります。

値引き交渉は本当に受け入れた方がいいです。

この記事では

・値引き交渉の大切さ

・値引きを甘く見た男の末路

について解説します。

 

値引き交渉の大切さ

 

    

値引き交渉は大切です

値引き交渉というと

・損をする

・めんどくさい

・ほっといても売れるかも

と思っている人もいるかもしれません。

結論から言うと

損をします!ほっておいても売れません!

あなたが値引き交渉に応じようか迷っているのなら、応じた方がいいです。

中国輸入は他のライバルも同じ商品や似た様な商品を売っています。

たとえ、あなたが値下げ交渉に応じなくても、お客さんは他のライバルから購入するだけです。

折角、お客さんが来てくれたのに追い返しているようなものです。

ずっと値下げ交渉に応じないと価格競争に巻き込まれ、値下げ合戦になり値引き交渉の時よりも

値段が安く売る羽目になります。

特に中国輸入は価格競争が激しいです。

 

値引きを甘く見た男の末路・・・

値引き交渉を甘く見ると・・・

値引きはあまりやりたくないですよね

・そのまま購入して

・手数料も取られて値引きまでも・・

結論から言うと

値引きしないほうが損する

値引き交渉が来ても全く値引きしなかった男 それは私です。

その判断は間違いでした。

商品は売れ残り、原価ギリギリで売りさばきました。

値引き交渉の価格よりも安くなっていました。後悔。

10個値下げ交渉が来て、すべて値下げ拒否しました。

結果、8個は値引き交渉の値段よりも安く売る羽目になりました。

 

中国輸入転売している方は、よっぽどのニッチな商品じゃない限りは

値引き交渉に応じた方がいいです。

 

では、また!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました